お知らせNEWS

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 正経十二経脈

正経十二経脈

2021.04.20

みなさんこんにちは。

しろい冨士整骨院・しろい鍼灸マッサージ院の及川真吾です。

超大型の台風2号が日本列島に接近していてもしかしたら上陸するかもなどの話も出ています。

今年は桜の開花も早く、藤の花や梨の花ももう咲いています。季節の前倒しと地球温暖化を心配します。

 

さて今日は正経十二経脈について書いて行こうと思います。

正経とは通常の経脈のこと。

正経十二経脈は各々が臓腑と連絡し合い、人体を循環する1本の環になります。また、六臓六腑の一つに属し、その臓腑と陰陽関係にある臓腑に絡しているとされています。陰経は臓に属して腑に絡し、陽経は腑に属して臓に絡しています。

正経十二経脈は3つの陰経と3つの陽経(三陰三陽)からなり、三陰は太陰、少陰、厥陰(けついん)を指し、三陽は太陽、少陽、陽明となり、それぞれが手足にあります。

正経十二経脈は一つのつながりの経脈となっていて、その走行は方向性があり、その流れを流注と言います。流注は一般的な原則として、手の三陰経(手の太陰肺経、手の少陰心経、手の厥陰心包経)は胸部から手部に向かって流れ、指の先で手の三陽経(手の陽明大腸経、手の太陽小腸経、手の少陽三焦経)とつながりそこから今度は顔面部、頭部に上がっていき、顔面で足の三陽経(足の陽明胃経、足の太陽膀胱経、足の少陽胆経)と連絡し、顔面から頭部かつ足部に下りて行き、足指の先で足の三陰経(足の太陰脾経、足の少陰腎経、足の厥陰肝経)につながったら足部から胸部に流れていきます。

経脈は中焦から起こる手の太陰肺経から始まり、正経十二経脈が順に連絡し合い、足の厥陰肝経で一巡し、循環する環を形成して再び中焦に戻ります。

 

 

  • 交通事故治療
  • 労災治療

体の悩み・交通事故による怪我等なんでもご相談ください。

白井市の整骨院:しろい冨士整骨院

お問い合わせはこちら

047-401-1713

〒270-1432 千葉県白井市冨士85-46

  • アクセス

    新京成電鉄 鎌ヶ谷大仏駅より徒歩15分

    北総線 西白井駅より徒歩15分

  • 受付時間

    9:00~12:00
    14:30~20:00
    日曜日は完全予約制となります。
    水曜・祝日は休診です。

  • リンク

    チイコミ! ちいきの、こえが、みえるサイト

    しろい冨士整骨院Facebook

    しろい冨士整骨院Twitter